エアコン時期

エアコンは年中販売されていますが、安く販売される買い時のタイミングがあります。エアコンは比較的高い買い物になるため、買い時を見逃さずに、お得に購入しましょう。

今回はエアコンの買い時はいつなのか、買い替えサインについても解説していくので参考にしてみてください。

目次

エアコンの買い時はいつなのか事前に知っておくことが大切

メーカーによってもエアコンの金額は異なります。ただ買い時を知っておけば、よりお得にエアコンが手に入るため、事前に予備知識として覚えておくと便利です。

エアコンの買い時について、いつ頃が適切なのか詳しい内容を解説していきます。

エアコンの買い時は夏頃の8月~9月

最新モデルなど人気のあるエアコンを購入するなら、買い時は8月~9月頃が適切です。基本的にエアコンの需要は夏前であるため、少し旬が過ぎた頃に価格は下がる傾向にあります。

また8月~9月はモデルチェンジ前でもあるため、古い型なども安くなる時期です。

ただ注意したいのが、夏頃はエアコンを設置してくれる業者などが繁忙期であるため、予約を取り付けるのが難しい可能性があります。

エアコンのモデルチェンジが行われる10月~11月・3月~4月も買い時

エアコンのモデルチェンジが行われる時期が10月~11月頃なので、型落ちしたエアコンが安く販売される傾向にあります。

最新モデルよりも安い金額で購入できるので、前年のモデルでも良いという方はお得に購入できるでしょう。また前年のエアコンといっても、最新エアコンと比較してもそれほど大きな差はありません。

機能性などは最新エアコンの方が良いですが、今のエアコンを買い替えたいという方は前年モデルでも良いでしょう。

家電量販店の決算セールもエアコンの買い時

家電量販店では、毎年決算セールを行います。決算セールではエアコンを含め、様々な家電の価格が下がっているので買い時です。

特に8月~9月に決算セールを行っている家電量販店は、エアコンの需要が少し下がっている時期なので、より安くエアコンが手に入ります。

家電量販店によって決算セールの時期が異なる場合もあるので、事前に決算セールはいつなのか確認しておきましょう。

ボーナス時期の7月・12月もエアコンの価格が下がるため買い時

家電量販店などによってはボーナス時期に合わせて、エアコンなどの家電を値下げする傾向にあります。そのため、7月・12月のボーナス時期は、エアコンの買い時と言えるでしょう。

夏の7月であれば最新モデルを購入しやすく、冬の12月は比較的型落ちしているモデルの方が買い時となっています。

年末年始のセール時期もエアコンが買い時

家電量販店の多くは、年末年始にセールを実施しているので、エアコンを含めた各家電が安く購入できます。家電は数量限定であるケースも多いため、目当ての商品がある時は早めに行動した方が良いでしょう。

エアコンを購入すると高くついてしまう時期は?

販売メーカーによって価格が高くなる時期は異なります。ただ2月~4月頃は、買い時のタイミングと比較すると、少し価格が高い傾向にあるでしょう。

どうしても2月~4月頃にエアコンが欲しいという方以外は、買い時を見計らって購入した方が無難です。

エアコンの買い時を判断するための方法について解説!

家電量販店で安くエアコンを販売している時期以外にも、エアコンの買い時を判断する方法があります。それはエアコンの寿命や買い替えサインを見極めることです。

どういったタイミングでエアコンを購入した方が良いのか、買い時の判断方法について解説していきます。

エアコンが寿命を迎えた時は買い時

エアコンも長年使用していると、寿命を迎えてしまいます。故障する前に買い替えないと、突然動かなくなり困ってしまう可能性があるでしょう。

また古いエアコンの場合は、電気代が高くついてしまうので注意が必要です。最新モデルのエアコンであれば、消費電力も抑えられるため、電気代も安く済ませられます。

エアコンの買い時は購入してから10年が理想

経年劣化によってエアコンも故障してしまうことがあります。目安としては、10年程度がエアコンの寿命となっているので、買い時を見誤らないようにしましょう。

稼働させる時に、異音がするなど少しでも違和感を覚えた際には、業者に確認してもらったり買い替えを検討したりする必要があります。

エアコンの買い替えサインは見逃さないようにしよう

基本的にエアコンの寿命は10年程度と言われています。それよりも長く使用できることもありますが、故障する前に買い替えた方が良いでしょう。

エアコンが故障する前に、見極めるための買い替えサインがあるので詳しい内容を解説していきます。

エアコンのドレンホースから水漏れが発生している

室内機には水を排出するためのドレンホースがついています。そのドレンホースから水漏れが発生している場合、中で汚れなどが溜まり詰まっている可能性があるでしょう。

ドレンホースが故障してしまうと、正しくエアコンが作動しないのでドレンホースを交換する必要があります。それでも水漏れなどが発生している場合は、エアコンの買い替えを検討しましょう。

エアコンから異音が発生している

暖房や冷房をつけた際に、エアコンから異音がする場合、送風ファンやコンプレッサーに異常が生じている可能性があります。

内部のパーツが破損している可能性があるので、簡単に直すことは難しいでしょう。専門業者に確認して、修理が高くつくようなら早めにエアコンを買い替えた方が良いです。

エアコンのパイプに霜が発生している

暑い季節に冷房をつけた時、エアコンのパイプに霜がついていることがあります。この状態の時はガス漏れが発生している恐れがあるでしょう。

パイプの劣化が懸念されるので、業者を呼んで確認してもらう必要があります。状況によってはエアコンの買い替えを検討した方が良いケースもあります。

エアコンを操作しても反応がない

エアコンが故障しかけの時、エアコンのリモコンを操作しても反応しないケースがあります。リモコンの電池を交換しても反応がない場合は、本体の故障を疑いましょう。

エアコンの修理にかかる費用次第では高くつく可能性があるので、業者に見積もりを取ってもらい、金額が高いなら新しいエアコンの買い替えも検討する必要があります。

エアコンを稼働させた時にブレーカーが落ちる

エアコンを稼働させた時に、ブレーカーが落ちる場合はエアコン内部で漏電が発生している恐れがあります。またエアコンを稼働させた際に、焦げ臭いなどの違和感を覚えた際にも漏電している可能性があるので注意しましょう。

異臭がしている時は火災の危険性もあるので、速やかにエアコンの使用をやめて業者に検査してもらってください。

新しいエアコンを購入する際には何に注目するのか?

エアコンの買い時を見極めて、新しいエアコンを購入する場合、どのようなところに着目すべきなのでしょうか。

新しいエアコンを購入する際の注目ポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

エアコンの機能性や自分の部屋に合った物を選ぼう

エアコンには様々な機能が搭載されており、自分が欲しいと思った機能性のエアコンを選ぶ必要があります。例えば、よりお得なエアコンが欲しいなら「省エネ性能」が高い物がおすすめです。

他にも、エアコンの情報として何畳用など記載があるので、自分の部屋に見合った物を選ぶ必要があります。性能は高ければ良いという訳ではないので、適切なエアコンを購入しましょう。

エアコンの保証期間を事前に確認しておく

エアコンを新しく買い替える際には、エアコンの保証期間は何年なのか確認しておきましょう。保証期間が長いほど、安心して日常的に利用できるので、できるだけ保証が手厚いエアコンがおすすめです。

またメーカーが定めたエアコン部品の最低保有期間というものがあり、最低保有期間を超えてしまうと、エアコンが故障した時に修理してもらうことができません。

そのため、事前にエアコン部品の最低保有期間についても把握しておくようにしましょう。

エアコンの買い時で注意しておきたいポイントについて

エアコンの買い時で、いくつか注意しておきたいことがあります。どのようなことに注意しないといけないのか、ポイントを紹介していきましょう。

エアコンの付属品がしっかり付いている商品なのか?

エアコンを購入する際に、付属品も一緒に付いているのか事前に確認しておく必要があります。ダクトホースなどは別途で追加費用として請求されるケースもあるので、前もって確認しておきましょう。

エアコンが遠隔操作可能ならWi-Fi環境が必要か確認する

スマホで遠隔操作できるモデルを購入した場合、Wi-Fi環境が整っていないと利用できない物があります。Wi-Fi環境が整っていない場合は、機能を利用するためには別途用意する必要が出てくるでしょう。

型落ちエアコンは部品の最低保有期間に注意

安いからといって型落ちエアコンを購入する場合、部品の最低保有期間には十分注意する必要があります。

古いエアコンほど、メーカーの保有期間は残り短い可能性が高いので、購入する際にはどれくらいの保有期間があるのか把握しておきましょう。

また購入する際に、保証がついているのかも確認しておく必要があります。保証は長い方が何かあった時に対応してもらえるので、できるだけ保証期間が長い商品を購入しましょう。

エアコンは故障する前に購入を決断した方が良い

エアコンの寿命は10年程度なので、年季が入ったエアコンを利用している場合は故障する前に、新しいエアコンに買い替えることも意識しておきましょう。

買い時を見逃してしまうと、エアコンが故障した時に販売価格が高い時期に購入しないといけなくなる恐れがあります。

できるだけお得にエアコンを手に入れるためにも、調子が悪かったり古いエアコンを使っていたりする場合には、買い時にエアコンを購入するようにしましょう。

エアコンの買い時を見定めて安くエアコンを買い求めよう(まとめ)

エアコンの買い時は、需要が収まる8月~9月やモデルチェンジ前の10月~11月がおすすめです。どれくらい安くなるのかは、メーカーや家電量販店によって異なるので、いくつかのエアコンを比較した上で購入を検討しましょう。

古いモデルのエアコンも安くておすすめですが、メーカーの最低保有期間を理解した上で、購入するかよく考える必要があります。

エアコンの買い替えサインを見逃さず、故障してしまう前に新しいエアコンを購入することも大切です。少し調子がおかしいと感じた時には、速やかに業者に相談してチェックしてもらいましょう。

エアコンの買い時を見定めて、よりお得にエアコンを購入してみてください。

おすすめの記事